芝生の手入れに欠かせない芝刈り機

芝生は定期的に芝刈りを行わなければ葉が長く伸びすぎるだけではなく、中間部から多くの雑草が生えてきて見栄えと本来の心地良さが得られなくなるため芝刈りをする必要がありますが、負担なく最適な方法で行うには環境や広さなどに合った芝刈り機を選ぶ事が大切です。 芝刈り機を動かすための動力は手動と電動、エンジンの3つに分かれており処理を行う空間が比較的小さい場合は手動で十分です。 手動のタイプは持ち手の部分が手で押せるようになっているので、手で押す事によりらせん状の刃で芝を刈っていく事ができ、使用時に音が生じないため近隣住民との距離が近い庭でも気兼ねなく使用可能です。 電動式はリール式とロータリー式、バリカンの3つある上に電源コードをコンセントに挿入して電力を得る方式と充電式といった分類分けもされています。 芝刈りをする場所の近くにコンセントがある場合は電源コードが備わっているタイプを選び、コンセントが備わっていなかったり敷地面積が広い事例や込み入った場所も隅々まで快適に処理したい時は充電式を選ぶと小回りがききます。 またリール式とロータリー式、バリカンという3つの種類がある中で生え際に至るまで綺麗に整えられるのがバリカンなので、より一層細部に至るまで芝生を整えたい時にはバリカンを選ぶと良いです。 ガソリンで駆動するタイプは芝刈り機の中で最も強いパワーを有している上に、手動式や電動式に比較すると備わっている刃の幅が広いという特徴があります。 力強い事に加えて刃が広いので1度に広い範囲の芝生を刈る事ができるため、処理する敷地面積が広大である場合にはエンジンの芝刈り機を選びましょう。 こうした芝刈り機を使用して芝生の芝刈りをする際は、敷いている芝の種類によって最適なタイミングを見極めるようにし、暖地型を使用している場合は5月から10月までを期間として寒冷地型であれば3月から11月にかけて芝生の手入れを行います。